ニーズ&ソリューションに、MindManager DSマインドマネージャーDS

   


 MindManager DS (マインドマネージャーDS)意思決定支援ソフト

 顧客が求める商品(バイイングポイント)は、ひとつではありません。大抵は、複数のポイントを比較検討しています。お客様は価値をクラスター(価値の束)でみています。ときとして衝動買いもみられますが、おおむね消費者はバリュークラスター(顧客価値の束)にもとづいて購買行動をおこしています。

 法人客、個人客にかかわらず、商品開発やセールスで、それぞれのクラスターマップを
マトリクス(バリューマトリクス)にすれば、正解が得やすくなります。マインドマネージャーDSは、さまざまなプロモーションや製品の企画設計の仕様決めにも適用できます。バリューマップをもちいて感性を磨くことにより、気づきが得られやすくなります。

顧客ニーズをソリューションする MindManager DS

 市場は何を求めているか。問いのマップ(問題マップ)を作成します。この問いに対する課題を明らかに(課題マップ)します。それぞれのマップを、より精密に展開すれば、顧客のニーズとその解決策(商品化)が、はっきりしてきます。顧客ニーズが鮮明になり商品開発や営業活動に役立ちます。

 バリューマイニングをつうじて、バリューマップを価値あるものに仕上げてゆきます。

フィールドワークに、スマートフォンを

 フィールドワークで、とっさのメモは手帳やメモ帳の利用が多いと思います。最近ではスマートフォン(iPhone&Android)の普及がすすんでいますので、スマートフォンの中に問題マップや課題マップを入れておくとフィールド・インタビューに便利です。

 スマートフォン用ソフト
 ・iPhone用ソフト
 ・Android用ソフト

マインドマネージャーストア



 ご購入前に、お試しいただけます。
 MindMnager DS 11無料試用版のダウンロードは、こちらです

MindManager DS のコンセプト

 アクションを起こさなければ、何事も始まりません。 ひとは、何らかの意思決定にもとづいてアクションします。 チームの効果効率をもたらす良質な意思決定が望まれます。
"情報共有"にとどまらない、"意味の共有"が、効果効率をもたらします。

 MindManager DS バリューマトリクス技法は、重要度と優先順位を 明確にします。
Mindanager DS は、質の良い選択を行うための価値展開シートでもあります。
MindManager DS の Excel インポート/エクスポート機能により、さまざまなマトリクスを作成することができます。

DS展開(マトリクス)すると、こんなに分かりやすくなる

 MindManager が、もっとも不得手な機能、、、それはマトリクスです。
例えば、つぎのようなケースをMindMangerで行おうとすると重要度や優先順位付けが、かなり困難になります。 MindManager DS なら、簡単にマトリクス展開ができます。
 ※ MindManager DS 付録のサンプルマトリクス

好業績企業は、"結合子" の発見発明が、うまい!

 結合子がなければビジネスは成立しません。生活者も企業も、何らかの課題解決を迫られています。その課題を解決する"モノ" "コト”は何か。それは結合子です。商品は結合子の束ですから、この結合子を効果的に効率的に発見発明する必要があります。
 ※顧客に選ばれた選択肢を結合子と呼びます。

 MindManager DS は結合子の発見発明と、あらたな結合を見えやすくします。バリューストラクチャーをつうじて、価値ある”モノ””コト”を顧客に提供できるようになります。バイイングポイント最速結合は、MindManager DS により実現します。

 どのようにして結合子の発見発明を行うのか。弊社考案の”イノベーションの糸”を駆使します。もっとも、イノベーションの糸は、意図的に実践しないと効果があがりません。また、環境認識に Twitter からの自動意味解析などを加えることもあります。

 バイイングポイント最速結合の方法を全社システムとして展開します。ポストモダンのマイクロ・プロジェクトを環境に散りばめます。マイクロ・プロジェクトを推進するのにMindManager DS は、必須のツールになります。ヨーゼフ・シュンペーターのいう"新結合"を全社的に展開促進することで、継続して企業価値向上に資すことができます。


見えない世界をみるチカラ

 会社のことは、みなが良くわかっている、、、企業が営々と築きあけてきた成功体験や価値観、文化云々、、、 いわゆる「わが社の常識」というものが全社員にゆき渡っていればいるほど第一線の現場では、 課題発見意識がうすれてしまうようです。

 「わが社の常識」が頑健であれば、超常識の世界(世間常識とのズレ解消)に挑みにくくなります。 名だたる大企業であっても、顧客接点での対応をみれば、コトは歴然、、、拙さが目立ちます。

 実証例にコト欠きません。製品・サービスが複雑化していることも一因にあるしょう。 しかし、製品、サービスのみならず、ビジネスの仕組みにおける顧客納得度の 向上は喫緊の課題なのです。

 顧客との関係づくりをおろそかにすると、チャーン(顧客離散)が一気に加速します。製品、サービス、 事業モデルの3つの綜合評価が顧客にとっての商品(価値)です。 この綜合を「結合子の束」と呼びます。結合子の束が商品になります。

 いま、ビジネスにアーキテクトが必要とされてきています。事業全体のすみずみまでわかっていないと魅力ある仕組みづくりができません。MBA:Master of Business Architect の育成が急がれています。

 わたくしたちは商品とは、製品やサービスが売れて顧客に納得(CS)いただいたとき、と定義しています。 顧客満足と訳すCS(カストマー サティスファクション)の満足は、ほんの一時です。 あたらに、より好い製品・サービス、生活シーンを知ったとき、顧客は不満を覚えます。 けっして満足は持続するものではありません。

 安全は測定できでも安心のそれが難しいことと似ています。 満足≒安心、納得≒安全、の関係です。このような無限定下では、需要の予測は不確実です。 満足を限定し、納得に置き換えてみましょう。測定しやすくなるはずです。それでも顧客は納得や安全を、満足安心、と言うでしょう、、、

 共有可能なコミュニティ(響働)を形成し、顧客の納得度を高めます。「自他非分離のマーケティング(調和)」は、その好い結合子により企業を永続させるのです。

 超常識(イノベーション)は周縁(カオスの縁)からやってきます。 社長室からもっとも遠いところで変化の種は発生します。 外から見えていて内からは見えにくい価値、、、従業員が認知しても、組織が認識できない価値、、、 この価値(バリュー)を、いかに変革(イノベーション)するか、いま問われています。

 チームバリューマンインドを高めるマネジメントが求められています。

見えない世界をみるチカラを、養う

 みえない、わからない、、、をクリアにする。

 


”モノづくり” から、”コトづくり” “ヒトづくり” へ


”モノづくり” から、コトづくり” ”ヒトづくり” へ
冷暖自知
見聞覚知
身心脱落

これは、道元の言葉です。
智慧に満ち溢れた組織づくりです。


 独で生まれ米で育った MindManager を活用して、本質をみる組織環境づくりはいかがでしょうか。

  西洋の複雑系サイエンスはゆきづまり、その解を求めて、東洋に目が注がれています。コンテンツ主義でも、わが国は世界のテストマーケットとなり、「知の経済」の輸出大国になれる可能性はあります。そのためには、カタチをつくってもカタにはまらない柔軟な発想と、しなやか(コンプライアンス)な行動が求められています。

 これからの“ひとづくり”は、チームメンバーの想像力に依拠したマネジメントがよいと考えます。 エジソンは6000回もの実験をしたそうですが、その行為も想像力なくしては叶いません。 実務者は、シナリオ・プランニングにおいて、研究者は、論文を書くときに、やはり想像力がものをいいます。

 優秀論文やヒット商品は、独創するチカラからうまれます。 それは、一片のメモからはじまります。 レオナルド・ダ・ヴィンチもメモ魔でした。 時空をこえて使えるツールは、快適で、おもしろい! 現代のIW:インテレクチュアル ワーカーの必需品です。

 想像力、独創力、を育む、”MindManager DS トレーニング"をおすすめします。
それなりの時間を要しますが、その効力はご納得いただけるはずです。ああそうか、、、なるほど!という声が聞こえてきます。 わからないことが、わかる、感動の瞬間です。

 夢(ロマン)をもちつづけると、その夢が実現するといいます。 アトラクタ(結合子)が飛び移るのです。 起こりつつあるカオス軌道の目を、いちはやく発見する、その情熱をもちつづけることが、成功のカギです。

 「価値の構造化」を共有することで、組織の2:6:2のリーダーシップは絶えず入れかわります(実証済み)。そして、組織の出力は数倍にもパワーアップします。当然ですね。
メンバーの効力感によってチームが活性化するわけですから、、、

 好い結合子が組織のメタボリズム(新陳代謝)を促進します。 言葉を動かし、フレームを変えることで、考える、見る(観察の質問力)チカラが、グーンとのびます。

 弊社の提唱する"戦略メタフレームワークス"の狙いは、ここにあります。
MindManager メタフレームワークスは、MindManager DS により完結します。

バナースペース



バリューネットワークス株式会社
お問い合わせ : 050-3368-8330